「夢を叶える」は本当だった!思考を整理する日記のチカラ

こんにちは!
 
ライフスタイルデザイナー
丸山泰未です。
 
 
先日から、我が家は引っ越し準備でテンヤワンヤしておりますが
 
その中から、ダンボールに入ったまま
 
眠っていたお宝が出てまいりました( *´艸`)
 
 
 
それは・・・・日記帳です!
 
 

 日記が子供の頃からの夢を叶えた

 
私は、小学3年生の時の遠足で
 
上田の別所にある安楽寺三重塔へ訪れた際
 
建築に魅せられてしまい
 
↓↓↓
 
「建物=大工さんだな・・・じゃあ、大工さんになりたい!」
 
↓↓↓
 
「でも、良く考えたら、トンカチ叩くよりも設計する人になりたい!」
 
↓↓↓
 
「でもでも、もっと良く考えたら、建物よりもお部屋の中の方が興味ある!」
 
↓↓↓
 
母から『じゃあ、インテリアコーディネーターになれば?(^^)』
と言ってもらったことがきっかけで・・・
 
「じゃあ、それになる!」
 
と決めて、
 
小学校の卒業文集には
 
「インテリアコーディネーターになりたい」
 
と書きました。
 
 
 
今現在、インテリアコーディネーターの資格は取得していませんが
 
あの頃から思い描いていた
 
 
「インテリアに携わる仕事をするんだ!」
 
 
 
という夢を、無事に叶える事ができました(*´▽`*)
 
⇒結果、設計もやったりデザインもやったり・・・
 
 
 
これはもう、自分一人の力だけでは叶えられなかったと思います。
 
「人生一度きりなんだから、やりたい事をやるのが一番!」
 
そう言って育ててくれた両親はもちろん。
 
 
様々な機会を与えて下さった周りの方々
 
恩人の方々の支えがあったからこそ。
 
心から感謝です。
 
 
 
 
周りの方々に支えて頂いていた中で
 
「じゃ、自分は何してましたん??」と振り返ると
 
 
あ、日記書いてましたわ
 
と気付きました。
 

 日記が生活の一部だった

中高生くらいの頃から
 
私は日記を書くのが日課になっていました。
 
学校でのこと、
バイトのこと、
恋愛のこと、
悩み、イライラ、不安、希望、決意、etc…
 
 
誰に勧められた訳でもありませんが
 
10代の多感な時期、自分なりの感情のコントロール方法だったのだと思います。
 
 
1日の中で、心に浮かんだことは
 
忘れないように、その場で携帯(当時ガラケー)にメモして
 
その晩にノートに綴るという事もしていました。
(今思うと、本当マメだったな~)
 
 
喜怒哀楽、何でもかんでも日記に綴りました。
 
夢中になると、1日に何ページも書きまくり。
 
もう、毎日書かないと気持ち悪いくらい(^^;
 
 
書くとスッキリ♪
 
ストレス発散♪
 
 
自分以外の人には絶対見せられませんでしたが
 
(ってか、当時の日記は恥ずかしくて、今は自分でも開けませんが・・・汗)
 ↑でも、捨てられない・・・!
 
心の中のモノを
 
全てノートに出しまくっていました。
 
 

無意識の習慣で、思考の整理をしていた 

今、この時のことを振り返ると
 
まさしく
 
思考の整理
 
をしていたんですね!(゚∀゚)☆
 
 
 
毎日の、心に発生するモヤモヤを、そのままにせず
日記に綴ることで
 
・「言語化」して、より自分の感情を分かりやすくしていた

・文字でアウトプットしながら、思考や感情の整理がされていた
 
・自分の悩みに、とことん向き合う事が出来ていた
 
・「なりたい自分」を毎回認識することが出来ていた
 
・今、やるべきことを明確化出来ていた
 
 
これらの事を、無意識にやっていたのです。
 
自分の価値観を、ちゃんと明確に出来ていたと思うのです。
 
当時は全く、そんな意識ないですけどね~( ̄▽ ̄)
 
 
 
「書きたいから書くだけ!」
 
ただそれだけでした(^^;
 
 
 
結果的に、この習慣が、知らず知らずのうちに
 
夢に向かう為のオーガナイズ(準備・計画・整理・維持)になり
 
 
「設計する仕事がした~い!」という
 
私の夢をかなえる大きな支えになっていったのだと
 
分析しています(‘ω’)ノ
 
 

 やらなくなった、その結果・・・

この日記をつける習慣、専門学生の時をピークに
 
だんだん少なくなっていきました。
 
 
20代半ばになり、転職をして
 
希望していた設計部に配属になり
 
仕事も忙しく、家には寝に帰るような日々。
 
 
そのうち資格取得の為の勉強を始めたりで
 
プライベートの時間はどんどん減っていきました・・・。
 
 
学生の頃みたいなペースで日記を書き続けることが出来なくなり
 
気付けば完全に消滅。
 
 
時々、思い立ったときに、ちょろっと書くくらい。
 
自分の感情に向き合う時間は、優先順位から外れていったのです。
 
 
その結果・・・(それだけが理由ではないでしょうが)
 
部屋は史上最悪な状態。
 
全く片付けられておりませんでした(>_<)
 
 
「部屋は心を映す鏡」
 
とはよく言ったものです。
 
一人暮らし史上、一番こんがらがっていた時期とも言えます。
 
 

日記再開!その方法は・・・

自分を知ることは主体性を持つこと

 会社を辞め、フリーランスとなり
 
主体性を持たないとやっていけない状態になって
 
 
自分を知るという事の重要性に
 
色んな場面で遭遇するようになりました。
 
 
主体性とは・・・
自分の意志・判断によって、自ら責任を持って行動する態度や性質。
何をやるかは決まっていない状況でも、自分で考えて判断し、行動すること。
 
 
 
受け身でいても、道は開かれません。
 
コントロールできるのは、自分だけ。
 
 
その「自分」の能力を、最大限に発揮して
 
楽しい毎日を送る為には
 
自分がどんな人間か、見つめ直すことがめっちゃ大切!
 
 
 
そして、久方ぶりに「日記」を再開しました。
 
自分を知り、主体性を磨く為に。
 
 
 

続けやすい方法で日記をつける

再開した日記、どこに書こうかと考えました。
 
・専用のノートを作る
学生の時は、何ページも書くためにノートを作っていたけど、今はあそこまで書かないな~きっと。
 
 
・パソコンやスマホアプリで書く
でもやっぱり「手書き」が一番気持ちが入るかな~。
 
・手帳に書く
毎日持ち歩くし、見返せる・・・ので、コレが一番良さそう!
 
 
ということで、私は手帳のバーチカル欄に書いています。
 
%e6%97%a5%e8%a8%98 
 
 
日々のスケジュールは、マンスリーページで一元化。
 
 

================================
 
※クライアントさんの手帳の付け方を見せて頂くと
 
人それぞれ個性が出ていて面白いですね(^^)
 
まさに『利き脳』の特性が出ていると感じます☆
 

================================
 
 
 
私は性格上(というか、利き脳上?笑)
 
「毎日コツコツ」が苦手なので
 
日記も思い立ったときに、無理のない程度に書いています。
 
 
 
他にも
 
・3行日記
・良かった日記
・引き寄せ日記
 
etc…巷にはいろんな方法が紹介されていますね(^^♪
 
どれでも良いです。
 
今は日記アプリもあるので
 
通勤時間の合間など、スマホでお気軽に綴れちゃいます(^^)/
 
 
「これなら出来そう♪」と思ったやり方で
 
日記を付けてみる事をおすすめします。
 
 
 
毎日でなくても全然大丈夫。
 
思い立った時で良いのです。
 
 
 

日記は手段。目的は「思考の整理」

 日記を書くことに、決められたルールはありません。
 
 
最初は、1週間に1回でも
 
1ヶ月に1回ペースでも、何でもOK。
 
1行でも、何ページでも、書きたい分だけ書けば良いのです。
 
 
 
日記を書くことが目的なのではなく
 
目的は自分の思考の整理です。
 
 
 
頭の中に置いておくだけでは、思考の整理には不十分。
 
見える化でアウトプットすることで
 
自分のことが俯瞰できるようになります。
 
 その為の、日記なんです(^^)v
 
 

 【まとめ】やっぱり日記はオススメ!

私も、最近まで
 
「仕事もプライベートもやること一杯あり過ぎて
 
ドコから何をしていいか分からない~~!!!
 
もうキャパオーバー!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)」
 
 
・・・みたいな状態だったのですが
 
 
「そういえば、最近日記滞っている・・・」
 
と気付きました。
 
 
思考の整理が停滞していたんですね。
 
 
こういう時こそ、まさに「日記」が役に立つ♪
 
 
 
 
何か今、モヤモヤしていることがあるのなら
 
そこら辺にあるチラシの裏でも何でもよいので
 
思っている事を、すべて紙面にぶちまけてみて下さい!
 
思考はアウトプットすることで、整っていきます。
 
 
 
そして、分かるはずです。
 
「なんかスッキリした♪」という感覚が(^^)
 
 
 
 
今の自分を俯瞰して
 
思考や感情を整理する。
 
そんな時間が、今まで気付かなかった
 
(気付いたとしても、何となく流れてしまっていた)
 
 
 
・自分の新しい一面
 
・アイディア
 
・新たに挑戦したいこと
 
 
など、引き出してくれることでしょう( *´艸`)
 
 
 
思考の整理。
 
それが、人生をデザインする第一歩です!
 
 

おまけ(日記の副産物)

日記を書く習慣で、得られたことがもう一つ。
 
「漢字を覚えられた」
 
ということも、結構重要ポイント☆
 
電子辞書片手に、分からない漢字を調べながら綴った経験は
 
大人になった今、役に立っているなとしみじみ感じます。
 
手書きだったのが、良かったんだろうな(´▽`)