一粒万倍日には嵐山に行こう!車折神社と鈴虫寺で心を清める

こんにちは!
ライフスタイルデザイナー丸山泰未です。
 
昨日、私は
車を走らせ嵐山に出没しておりました。
神社とお寺、それぞれに参拝し心を浄化する一日だったのです。
 
実はこの2016年12月8日は
一粒万倍日と天赦日が重なった、とてもとても縁起の良い日。
 
数ヶ月前から
「12月8日は参拝day!」と決めていました。
 
そんな縁起の良い一日に訪れてほしい
「思考のオーガナイズ」にもってこいな、京都嵐山のおすすめスポットを2つご紹介します。
 
一粒万倍日に参拝すれば、願い事も万倍で叶うかも!?
 
まずは、その前に「縁起のいい日」とはなんぞや?から。
 

一粒万倍日って?

 
一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち、いちりゅうまんばいび)とは、
暦にかかれている選日の一つ。
 
「一粒万倍」というコトバは、
「一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、立派な稲穂になる」という意味で
 
何事をスタートするのにとても良い日、とされています。
 
特にこの日に始めると良いことが
 
・仕事はじめ
・開店
・開業
・種まき
・お金をつかうこと(出資)
・結婚
・慶事
・財布の新調
・銀行の口座開設
・宝くじを買う
 
などなど。
 
ただし、借金や人から物を借りる行為はNG。苦労が「万倍」になって返ってきてしまいます!
 

じゃあ、天赦日って?

 
天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)とは、その字のごとく
「天」が「赦」す「日」。
これもまた選日にかかれています。
 
「百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日」とされ
一年の中で最高の吉日!という最強開運日なんですね。
 
年に5~6回しかない、大安より上の、大変貴重な縁起の良い日。
 
この天赦日もまた、一粒万倍日と同じく
新しいスタートにもってこいの日。
 
更に、加えて
「今まで躊躇していた事を始める」のにも適した日なのです。
 

縁起の良い日「一粒万倍日」と「天赦日」が重なった日を逃すな!

 
私も以前は、暦のことなど全く知りませんでしたが
知り合いの星読みさんに教えて頂いて以来、暦の持つ意味を大切に思えるようになりました。
 
そこで、昨日の12月8日。
物事をスタートするのにもってこいな縁起日が2つも重なった最強の一日!
 
この数カ月に一度の好機を逃すわけにはいきません(笑)
この日の為に色々準備を進めてきました。
 
私がやったことは
 
・財布の新調
・車折神社に参拝
・鈴虫寺にお礼参り
・メルマガ配信スタート
 
でした。
 
乗っかれるものには乗っかりましょう!(笑)
 
では続いて「思考の整理」にオススメしたいのは
「車折神社」「鈴虫寺」です!
 
それぞれをご紹介します!!

車折神社はパワースポット。特に「清めの社」は癒しの効果バツグン!

 
「車折(くるまざき)神社」をご存知ですか?
京都市の嵯峨嵐山にある、清原頼業(きよはらのよりなり)公をお祀りする神社です。
 
※昨日は人が多かったので、写真は7月の時のを使用しています。悪しからず・・・
 
「車折」の名前の由来

後嵯峨天皇が牛車に乗って神社の前を通ろうとした時
石に当たって轅(ながえ)が折れて動かなくなってしまいました。
石の奥に清原頼業公が祀られている事を知った後嵯峨天皇は
御神威を恐れ、知らずに通ろうとした非礼を詫び
「正一位車折大明神」の神号を贈られたことに由来します。
 
 
私なりに色々調べた結果は、
車折神社はかなりのパワースポットだということ。
 
一時期、この「パワースポット」っていう言葉が流行りましたね(^^;
 
そんな流行廃り関係なく、車折神社は一度訪れてほしい場所。
私が今まで訪れた、いろんな寺社仏閣とは、なんだか違う。
 
何が違うって??
 
「何故かずっと居たくなる」んです。
 
パワースポットだと知って行ったから、とかじゃなく。
 
これはもう、言語化するのが難しいのですが
 
境内に入った瞬間、その厳かな雰囲気に
 
自然と心が安らぐ。
イライラとか、モヤモヤとか、
そんなネガティブな感覚がふっと消えてなくなる。
 
まさに「心が洗われる」
 
そんな場所なんです。
 是非、この感覚を体感して欲しい。
 
特に「清めの社」は、ただならぬ気を感じます。
 
圧倒される、というより「心が落ち着く」という感覚。
 
 

清めの社とは

車折神社を訪れたら、参拝する前にまず
 
■手水舎(てみずや)で手と口を清めます
 
その次に
■「清めの社」を参拝し、「悪運・悪縁(因縁)」を浄化します。
 (二礼、二拍手、一礼の作法でね!)

 
 
 
ここ。本殿に参拝する前に、「清めの社」で心身を浄化するのです。
 
この円錐の社。
 
「何故かずっと居たくなる」のは、実はこの「清めの社」の前。
 
本当、浄化されている感覚を実感できます。心が安らぐ~~。
 
そういえば、私は今年「前厄」なのですが
この「清めの社」は厄除けになっていると思います(^^)
 
っていうか、境内全体が厄除けのオーラに包まれているみたいです。
 
近くに住んでいたら、毎日でも通いたい。
そんなパワーを感じる場所でした。
 
清めの社で浄化したら、本殿に参拝してお願い事をしましょう♪
清めの社を撮影した画像を待ち受けにしておくと、ご利益があると言われています!
 

願い事がかなったら、身近な石を返納

 
車折神社は「石」がキーアイテム。
お守り、お札ともに「祈念神石」が入っています。
 
 
 
願い事がかなったら、お礼参りを。
自宅や海、川、山などで程よい大きさの石を一つ拾って
そこに
「お礼の言葉」を記入して、本殿の前に納めるのです。
 
 
 
とってもユニーク!
 
今回は2回目の参拝でしたが、まだ願い事は叶っていないので
再度、お願いをしてきました☆
 
早く、私もお礼の石を持ってきたい!!!
 

芸能神社と車折神社は別物だよ

 
車折神社って、よく「芸能神社」とごっちゃで認識されちゃっているようなのですが
全くの別物です。
 ※昨日は人が多かったので、写真は7月の時のを使用しています。悪しからず・・・

 
車折神社が【主】で
その境内の一角にあるのが「芸能神社」です。
 
ただ、お守りは兼用可。←ここがややこしいのかも(^^;
 

車折神社でお祈りするのは

「金銭」「良縁」「学業」などなど、なんでもOK!
 
「約束事を違えない」ことをお守りくださる神様なので
どんな願いでも聞いてくださるんですね。
 

芸能神社でお祈りするのは

「芸能」「芸術」についてです。
 
芸能人じゃない一般の人も
何かの分野において「人気が欲しい」場合はこちらでお祈りするのが良いそう!
 

【車折神社まとめ】最強パワースポットで、心を浄化し気分晴れやか!

 
車折神社では、是非「清めの社」のパワーを存分に体感してもらいたいです!!
 
ビビビ!とくる感じじゃなくて
「なんだか、よく分からないけど、癒される・・・」みたいな感覚です。
 
余計な邪念とか、悪そうなものを浄化して
最後に残ったモノがきっと
 
「自分にとって必要な感情」
 
だと思います。
 
車折神社で感じた事、それがきっと大切にしなきゃいけないことなんじゃないかなと。
 
とにかく「二進も三進もいかない~頭も心もゴッチャゴチャ!!!」
 
みたいな方は、スッキリしに行ってみて下さい♪
 
「ゴチャゴチャ悩んでいてもしょうがないか!」っていう
ポジティブな気持ちになれますよ(^^)v
 

車折神社・芸能神社のアクセス

拝観料

無料

拝観時間

9時~17時(社務所受付8:30~17:30)

駐車場

無料(境内にあります)
 

祈念神石(お守り型)

700円

祈念神石(おふだ型)

500円
 

鈴虫寺のわらじを履いたお地蔵様へ会いに行く。

 
さて続いて、車折神社から車で15分弱の場所にある鈴虫寺へ。
 
 
 
正式名称を妙徳山華厳寺といいます。
わらじを履いた「幸福地蔵大菩薩さま」がお出迎えしてくれます。
 
ここも、かなりの有名どころ。
昨日は平日なのであまり並ばず入れましたが
これが週末や連休になると、かなりの人で賑わいます。
本当、1時間近く待つ場合も・・・。
 
 
私は学生の時から、この10年間で何度も訪れている場所です。
回数は数えたことはありませんが、ターニングポイント毎に
お地蔵さまにお願いごとをしに行っています。
 
今回も、以前お願いしたことが叶ったお礼参り。
いつもお世話になってます!!
 

鈴虫寺の説法は、何度聞いても新しい。

 
約2年ぶりに和尚さんの説法を聞きましたが
何度聞いても、新しいお話なのです。
 
今回のテーマ(?)はこちら。
人は過去や未来に囚われ過ぎている。今を生きることが大切。
世の中理屈じゃどうにもならないばかり。理屈を超えたところで人は動く。
 
そこで、禅の言葉を2つ教えてもらいました。 

「即今・当処・自己」

人は過去や未来に囚われ過ぎている。今を生きることが大切。

即今(そっこん):たった今
当処(とうしょ):今、自分がいるその場所
自己(じこ):自分自身
 
心と身体がバラバラなところで生きている人が多い。
身体は「今」を生きているのに対し、心は「過去」や「未来」を生きている。
 
過去の失敗や後悔に囚われたり(失恋とかね)
未来の不安に苛まれたり(年金貰えるかな~とか)
 
しかし、過去は変える事はできないし、未来を憂いても仕方がない。
人は「今」しか生きられないのだから、今に心を置いて生きる事が一番大切。
 

あるな~まさに今の自分かも。過去の後悔とか嫌だったことに心を奪われて
今を無駄にしてしまってるわ~・・・
 

「日日是好日」(にちにちこれこうにち)

世の中理屈じゃどうにもならないばかり。理屈を超えたところで人は動く。

昨日も今日も明日も、その先もずっと毎日が良い日という意味なのですが
和尚さんはこのように仰っていました。
毎日生きていたら、当然、良い日ばかりじゃない。
1足す1が2じゃない事も人生には沢山ある。
 
それでも、すべてそれは自分の気持ち次第。
『今日も一日良い日になるように頑張ろう』と一生懸命になるより
『気付いたら、毎日が良い日だった』と思える日々にすることが大切。
その為には、良い習慣を身に付ける事
 
例えば玄関で靴を揃える事。
玄関が汚く、靴が何足も出しっ放しの家は「靴を揃える」という意識が無い。
そういう人は、人の靴を揃えるという意識も当然ない。
逆に、靴を揃える事が習慣の人は、人の靴も揃えられる。
 
悪い習慣はすぐに身につく。良い習慣はなかなか身につかない。
しかし、よい習慣が身についている人生は心豊かに幸せになれる
 
和尚さん曰く、修行寺ではまず最初に【靴=草履】を揃える事を徹底的に叩き込まれるみたいです。
 
「靴=人への気遣い、幸せ、心を整える」っていう解釈も出来るね。
よい習慣が「良かった毎日」を作る…ん、これってオーガナイズと一緒じゃん!!
 

説法の後は、いよいよお地蔵さまにお願い事を!

お茶菓子を美味しく頂きながら、ありがたい説法の後は
お庭に出て道順に従ってぐるりと散策して
 
いよいよお地蔵さまにお願い事です!
 
忘れちゃいけないのが
自分の「住所」「名前」を伝えること。
 
草履を履いたお地蔵さまは、一人一人のお家にわざわざ足を運んで
願いを叶えて下さいます!
 
ちゃんと所在地をお伝えしましょう♪
 
その後に、一つだけ願い事をするのです。
 
 
 

【鈴虫寺まとめ】今を大切に、丁寧に暮らして「気付いたらHappy♪」な毎日を。

 
覚えている事をまとめたので多少ニュアンスの違いはありますが。
聞きながら「オーガナイズ(準備・計画・整理)」とリンクさせている自分がいました(^^;
 
毎日ゴリゴリに
「今日も良い一日を過ごす!」「頑張らなきゃ!」
って一生懸命になるのも良いけど
そんなのは長くは続かない。息切れしちゃう。
 
そうではなくて、
よい習慣=毎日を丁寧に生きる習慣が、無意識にできるようになれば
自ずと良い日が築かれていく・・・
 
めっちゃ良い話ですやん!!!さすが、和尚様!!!(*’▽’)
 
こういうお話を、自ら足を運んで聞きに行く。
 
そういう事も、毎日を丁寧に生きる
っていうことなんじゃないかと思いました。
 
因みに、昨日の12月8日は「お釈迦さまが悟りを開かれた日」なのだそうです!!
 
一粒万倍日と天赦日、さらに悟りが開かれた日・・・すごい一日だったんですね(゚Д゚;)
 

 

鈴虫寺のアクセス

 

拝観料

大人500円、子供4歳~中学生まで300円(説法・茶菓子つき)

拝観時間

開門9時~閉門17時(最終受付16:30)

駐車場

500円(近くに2ヶ所あります)
 

お守り

300円

【最終まとめ】思考の整理には、寺社仏閣がオススメな理由

 
縁起の良い日にお願い事をするのはイイみたいです。
「願い事がかなう」ことで有名な2つのスポットをご紹介しましたが
 
今回の旅(?)は、お願い事もさることながら
結果的に、一番の収穫は
「心を整えることが出来た」ことでした。
 
私は10代の頃から、寺社仏閣巡りが趣味で
京都のあらゆる有名どころを網羅しましたが
 
寺社仏閣の何がイイって
心静かになれる、厳かな雰囲気です。
 
毎日忙しなく暮らしていると、ついつい等閑(なおざり)になっちゃう
自分のココロ。
 
静かに向き合える時を与えてくれるのが、寺社仏閣だと思うのです。
 
そう言えば、昔から「そうだ!京都に行こう」と思い立ち
一人でふらっとお寺とか行く時って
何かしら、リセットしたかったり心の整理がしたい時だったと思います。
 
鈴虫寺の和尚さんも仰ってましたが
お仏壇に手を合わせることも、心を柔らかくするのにとても良い事だと。
 
確かにそうですね。
そういう習慣、世の中ではだんだん減ってきてしまっていますが
改めて、大切にしたいと思いました。
 
自分と向き合う=思考の整理
 
明日の元気をくれるのは、きっとそんな習慣なのだと思います。